【「グリーンウェイブ」活動報告】大阪府八尾市にて植樹を行いました

社内での取り組み

株式会社シナジアは、生物多様性への理解を深めるべく、「グリーンウェイブ」に参加し、大阪府八尾市にて植樹を行いました。

「グリーンウェイブ」とは?

「グリーンウェイブ」は、環境省・農林水産省・国土交通省・国連生物多様性の10年日本委員会が共同で首唱する活動のことです。植樹や森林の保全活動を通じて、世界規模で生物多様性についての理解を深めることを目的としています。地球の西から東へと緑の波が起こることを願い、「グリーンウェイブ」と名付けられました。

株式会社シナジアがおこなった植樹のようすや今後の目標

株式会社シナジアは「グリーンウェイブ」に参加すべく、事務所が所在する大阪府八尾市内で植樹を行いました。植樹に参加したスタッフの声を次に掲載します。

日頃土に触れる機会がないため、貴重な体験ができた。自分が植えた樹が今後大きく育つのが楽しみ。

自宅でも花や野菜、観葉植物を栽培してみたい。親子で育てることで、子供にとって学びの場になると感じた。

当社では今回の植樹に留まらず、今後も植物の栽培や水やりを通して、生物多様性について理解を深めたいと考えます。そして「グリーンウェイブ」の活動に貢献することで、緑ゆたかな未来を望みます。

タイトルとURLをコピーしました