株式会社シナジアでは「キープレフトの大切さや自転車マナーに関する講習会」を実施しました

社内での取り組み

株式会社シナジア(以下、当社)は、「チームキープレフト(以下、TKL)」に賛同し、TKLの大切さや、自転車ルールやマナーについて講習会を行いました。当社がTKLに賛同する理由は、自転車は自動車やバイクと違い免許制度がなく、一人ひとりの乗車マナーが問われると考えるからです。

「チームキープレフト」とは?

2009年に発足されたTKLは「自転車は車道の左側を走ること」を提唱しています。TKL実行委員会は、イベントなどを通じて定期的な啓もう活動を実施し、さらに広告を利用し全国各地域にも発信し続けています。対象者はサイクリストをはじめ、自転車に乗車する方全員です。

キープレフトの大切さや自転車マナーの講習会を実施

当社はTKLの普及に貢献すべく、スタッフおよびその家族、事務所近隣にお住まいの方に呼びかけ、自転車マナーの講習会を実施しました。左側走行の徹底をはじめ、政府が定める「自転車運転14項目の危険行動」について紹介しました。

参加者の一人は「今まで何も考えずに自転車を乗っていたが、車に乗る時と同じく、安全に注意したい」「子供にも正しい乗車マナーを教える必要がある」と感想を述べています。当社は、今後もTKLや自転車マナーに関する講習会を行いたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました