デリケートゾーンの黒ずみ治療ができるクリニックを紹介【クリニックの選び方5個】

デリケートゾーンの黒ずみ

「デリケートゾーンの黒ずみ治療があるクリニックを知りたい!」
「でも、どんなクリニックを選べばいいの?」

このように気になっている方もいるのではないでしょうか。全国に多くあるクリニックの中からデリケートゾーンの黒ずみ治療のあるクリニックを探すのは大変ですよね。

そこでデリケートゾーンの黒ずみ治療が魅力的なクリニックを紹介します。こちらのページを読めば、失敗しないクリニックの選び方や、デリケートゾーンの黒ずみ治療の詳細を知ることができます。

デリケートゾーンの黒ずみの悩みや予算、通いやすさに応じて、あなたに合ったクリニックを見つけましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ治療ができるクリニック一覧

クリニック名 1.ヴァージンクリニック
特徴 肌のトーンアップが
望める医療脱毛あり!
院数 3院
京都府、広島県、福岡県
参考価格
(税込)
VIOのみ

  • 1回:13,750円
  • 5回:59,400円

全身(顔・VIO含む)

  • 1回:60,500円
  • 5回:284,900円
キャンペーン
  • ペア割
  • 学割
  • 紹介割
  • のりかえ割
1回の
施術時間※
  • VIO脱毛:約30分~60分
  • 全身脱毛:約150分~180分

※着替え・アフターケアの時間含む

無料カウン
セリング
あり
アフターケア あり
支払方法
  • 現金
  • クレジットカード
  • 医療ローン
詳細ページ クリニックの詳細はこちら
公式サイト https://v-clinic.jp/

全国のデリケートゾーンの黒ずみ治療ができる皮膚科や美容皮膚科をもっと知りたい方は、「デリケートゾーン黒ずみの東京・大阪・名古屋・福岡などの皮膚科一覧」をお読みください。

デリケートゾーンの黒ずみ治療ができるクリニックの選び方5個

デリケートゾーンの黒ずみ治療を受ける際は、クリニック選びが重要です。自分に合わないクリニックを選ぶと、デリケートゾーンの黒ずみ治療の満足度が下がったり、思ったよりコストがかかったりするためです。

クリニックにより治療メニューや料金設定、アクセスなどが異なります。これから紹介する選び方5個を読み、「ここにして良かった!」と思えるクリニックを見つけましょう。

クリニックの選び方1.受けたい黒ずみ治療があるか

デリケートゾーンの黒ずみ治療は「レーザー」と「塗り薬」です。デリケートゾーンの黒ずみ改善が望めるレーザーと塗り薬の治療メニューは下記の通り。

■「レーザー」による黒ずみ治療

  • レーザートーニング
  • インティマレーザー
  • 炭酸ガスレーザー
  • サーミバー
  • 医療脱毛レーザー
■「塗り薬」による黒ずみ治療

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン
  • ヒルドイド

治療法によって、効果や対象部位、治療にかかる期間、肌のダメージ、料金が異なります。そのため合わない治療を受けると、治療期間が長引いたり、肌トラブルを起こしたりするのです。

「医療脱毛レーザーのみ」「ハイドロキノンのみ」などと、治療メニューが限られたクリニックも多くあります。各治療法を比べた上で受けたい治療のあるクリニックを選びましょう。

「どの治療を受けたらいいかわからない」という方は治療メニューが豊富なクリニックを選ぶとよいです。

クリニックの選び方2.治療にかかる料金が予算内か

デリケートゾーンの黒ずみ治療では、何度も通院することになるため、続けやすい料金設定のクリニックを選びましょう。デリケートゾーンの黒ずみ治療の相場は下記の通りです。

  • 「レーザー」による黒ずみ治療:1回59,000円
  • 「塗り薬」による黒ずみ治療:1回3,600円

レーザー治療の場合、単発コースより回数コースを選ぶと1回の治療代を抑えることができます。他にもキャンペーンや学割、ポイントシステムがあり、通常料金よりお得に利用できるクリニックもあります。

ただしデリケートゾーンの黒ずみの濃さや、目指す肌の状態で料金は変わります。初診料や診察料、薬代などの追加料金がかかる場合もあるため、カウンセリングで具体的な料金を聞くことが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみ治療に関する、詳しい特徴や料金、肌へのリスクなどを知りたい方は「デリケートゾーンの黒ずみの皮膚科での治療は「レーザー」と「塗り薬」の2種類」をお読みください。

クリニックの選び方3.家や職場から通いやすいか

クリニック選びの際は、家や職場からの通いやすさも要チェックです。デリケートゾーンの黒ずみ治療では、診療やアフターケアのために何度か通院するためです。

自宅から遠いクリニックを選ぶと、通うのが面倒になり継続できなくなる恐れがあります。なおクリニックへの通いやすさのポイントは下記の通りです。

  • アクセス
  • 診療日、診療時間
  • 予約の取りやすさ

なるべく自宅や職場から近いクリニックを選びましょう。日頃からよく利用する交通機関の駅より5分圏内にあるところや、駐車場完備のところも通いやすいでしょう。

また仕事終わりに来院したい方は診療時間が遅いクリニックを、平日が忙しい方は土日も診療しているクリニックを選ぶとよいでしょう。

他にも予約の取りやすさも重要です。予約が取れないと治療期間も長引いてしまいます。

独自の予約システムを導入している、口コミで「予約が取りやすい」と評判のクリニックを探しましょう。平日の昼など空いている時間を狙って予約を入れたり、早めに予約を入れたりするのも一つの方法です。

クリニックの選び方4.カウンセリングや診断が丁寧か

クリニックを選ぶ際はカウンセリングや診断が丁寧なところを選びましょう。

カウンセリングや診断の時間を取らないクリニックを選ぶと、効果を得られなかったり、余計に黒ずみが悪化したりと、お金と時間がもったいないためです。

なおカウンセリングでは、下記のうち疑問や不安を感じるものを相談してみてください。

  • 治療費の目安
  • 治療期間、回数
  • 痛み、副作用
  • ダウンタイム
  • アフターケア

なかでも、カウンセリングの時間をきちんと取っているクリニックや、医師がカウンセリングを行っているクリニックを推奨します。

クリニックの選び方5.アフターケアがあるか

デリケートゾーンの黒ずみ治療を受けたい方は、アフターケアがあるクリニックを選びましょう治療後にデリケートゾーンの黒ずみを悪化・再発させないためです。

クリニックにより異なりますが、アフターケアには下記の種類があります。

  • 再診
  • 再治療
  • 塗り薬の処方
  • 黒ずみクリームの提案
  • 治療後の過ごし方アドバイス

無料のアフターケアを実施しているクリニックもあります。せっかく治療を受けるのであれば、効果を長く維持できるようアフターケアも着目しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ治療ができるクリニックを紹介!

デリケートゾーンの黒ずみ治療を扱っている各クリニックの治療の種類や料金、通いやすさを解説。一目で「どんなクリニックか」わかるよう、各クリニックのおすすめポイント3個も紹介しています。

1.ヴァージンクリニック|脱毛マシンやプランが魅力的!VIO脱毛がリーズナブル

デリケートゾーン
の黒ずみ治療
の種類
医療脱毛レーザー
参考価格 VIOのみ

  • 1回:13,750円
  • 5回:59,400円

全身(顔・VIO含む)

  • 1回:60,500円
  • 5回:284,900円
診療時間 10:00~19:00
休診日 医院により異なる
支払方法
  • 現金
  • クレジットカード
    (VISAとMastercardは分割可)
  • 医療ローン
割引/特典
  • ペア割
  • 学割
  • 紹介割
  • のりかえ割
医院数 京都府に1院、広島県に1院、福岡県に1院
その他特徴 無料カウンセリングあり
アフターケアあり
Web予約可、完全予約制
完全個室制
女性の施術は女性看護師が担当
スタッフの指名応相談
パウダールームあり
URL https://v-clinic.jp/

ヴァージンクリニックは、京都府、広島県、福岡県にある医療脱毛専門クリニックです。

アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーを搭載した脱毛マシン「GentleMax Pro」を導入しており、肌質・毛質を問わず通うことができるのが特徴です。アレキサンドライトレーザーには美肌効果が望め、脱毛と同時に肌のトーンアップを実感

冷却システム搭載の脱毛マシンに麻酔クリーム※1を希望可能と、痛みにも対応してもらえます。

なお医療脱毛のプランには全身脱毛と部分脱毛があり、すべて1回と5回のプランがあります。VIOのみのプランは相場より1回2,250円~4,120円も割安です。

カウンセリングや赤みが出た時用のクリーム※2が無料と、サポート面も充実しています。ガウンや紙ショーツが完備されており、個室にて女性看護師が脱毛を担当してくれるため、脱毛時に恥ずかしさを感じる心配もありません。

※1.VIOは1回3,300円(税込)
※2.初回アフターケア用

■ヴァージンクリニックの特徴3個

  • たるみや毛穴、黒ずみに効果的なレーザーを搭載した脱毛マシン「GentleMax Pro」
  • 冷却しながら照射し麻酔クリームが使えるなど、脱毛時の痛みにも配慮あり!
  • 全身脱毛と部分脱毛のプランあり!VIO脱毛は相場より1回約2,000円~4,000円も割安

クリニックでできるデリケートゾーンの黒ずみ治療や流れについて

まずは「デリケートゾーンの黒ずみの原因」を確認しておきましょう。

そもそもデリケートゾーンの黒ずみの原因は、メラニン色素の蓄積です。デリケートゾーンの場合、下着の摩擦や脱毛による炎症などの刺激で、メラニン色素が増加することが多いです。

デリケートゾーンは皮膚が薄く、とくにメラニン色素が増えやすい場所。そのためデリケートゾーンの黒ずみを改善するには、過剰に溜まったメラニン色素を減らすことが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみの原因について詳しく知りたい方は、「デリケートゾーンの黒ずみの原因|あそこはなぜ黒くなる?」をお読みください。

クリニックでのデリケートゾーンの黒ずみ治療を紹介!流れや注意点とは?

クリニックでのデリケートゾーンの黒ずみ治療の概要や流れを解説します。治療法によって治療期間や相場、リスクが異なるため比べることが重要

デリケートゾーンの黒ずみ治療は痛みや副作用を伴うなど、いくつか注意点もあるので事前に確認しておきましょう。

レーザーによるデリケートゾーンの黒ずみ治療

治療名 レーザートーニング インティマレーザー 炭酸ガスレーザー サーミバー 医療脱毛レーザー
期待できる効果 低出力のレーザーを
均一に照射し、
徐々にメラニン色素を減らす
最適な波長で照射し、
メラニン色素を破壊
メラニン色素生成に
関わる情報物質
エンドセリン-Iを抑制
(モナリザタッチの場合)
代謝や潤いを高め、
黒ずみ軽減をサポート
毛を作る組織を
破壊することで脱毛し
、自己処理の回数が
減ると黒ずみ予防に
治療期間、回数 6ヶ月~1年
13回
2ヶ月~5ヶ月
2回~3回
1ヶ月~6ヶ月
2回
1ヶ月~3ヶ月
3回
1年
5回~6回
相場(総額) 188,000円 214,000円 110,000円 375,000円 88,000円
ダウンタイム 2日~3日 1週間 ほぼなし とくになし 2日~3日
痛み 輪ゴムで弾いた痛み
※赤み、発疹が出る場合あり
軽い痛み ほぼなし ほぼなし 輪ゴムで弾いた痛み
※赤み、ほてり、痒みが出る場合あり
向いている人 Vラインの黒ずみに悩む人
※IOラインも照射可
Iラインの黒ずみに悩む人 Iラインのたるみや黒ずみに悩む人 Iラインのたるみや黒ずみに悩む人 VIOの体毛処理や黒ずみ予防をしたい人

レーザーによるデリケートゾーンの黒ずみ治療は、総額10万円以上することが多く、照射時に痛みを伴う場合もあります。安さにこだわらない方や、痛みに強い方に向いている治療法です。

治療回数は2回~13回とレーザーにより差があります。上記表の「向いている人」に記載しているように対象部位も異なる点には注意してください。

上記5つのレーザーの中でも、医療脱毛レーザーとレーザートーニングはポピュラーな方法のため、取り扱っているクリニックも見つけやすいでしょう。

医療脱毛レーザーは、メラニン色素を抑制できませんが、自己処理を減らすことで黒ずみ予防が望めます。レーザートーニングも取り扱いクリニックが多く、VIOラインすべてに照射可能です。

塗り薬によるデリケートゾーンの黒ずみ治療

治療名 ハイドロキノン トレチノイン ヒルドイド
期待できる効果 メラニン色素の還元・
抑制効果が望める
ターンオーバー促進効果により、
肌に溜まったメラニン色素の
排泄が望める
保湿効果と血行促進効果が望め、
デリケートゾーンの黒ずみを予防
治療期間、回数 3ヶ月 3ヶ月 30ヶ月
相場(総額) 12,000円 18,000円 11,000円
副作用 白斑、赤み、
接触性皮膚炎、浮腫、
皮めくれ、水泡、
黒ずみ悪化
赤み、接触性皮膚炎、
催奇形性
炎症、痛み、痒み、
赤み、発疹、紫斑
※発現率は低い
向いている人 VIOラインの黒ずみに悩む人 ターンオーバーの乱れ
によりVIOラインに
黒ずみができた人
乾燥によりVIOラインに
黒ずみができた人

塗り薬によるデリケートゾーンの黒ずみ治療は、副作用を伴う場合がありますが、レーザー治療よりリーズナブル。医師の指示通りに使える方や、毎日コツコツとスキンケアをできる方に向いている治療法です。

ハイドロキノン、トレチノイン、ヒルドイドはそれぞれ、期待できる効果や副作用が大きく異なります。

なかでもハイドロキノンを扱うクリニックは多く、ハイドロキノンとトレチノインをセットで処方しているクリニックもあります。

保湿剤のヒルドイドには黒ずみ解消効果がありませんが、乾燥による黒ずみ予防は望めます。

レーザーや塗り薬によるデリケートゾーンの黒ずみ治療について、もっと詳しく知りたい方は「デリケートゾーンの黒ずみの皮膚科での治療は「レーザー」と「塗り薬」の2種類」をお読みください。

クリニックでのデリケートゾーンの黒ずみ治療の流れ

基本的なクリニックでのデリケートゾーンの黒ずみ治療の流れは下記の通りです。

  • STEP1.カウンセリング予約
  • STEP2.カウンセリング、診察
  • STEP3.申込み、支払い
  • STEP4.黒ずみ治療を受ける
  • STEP5.アフターケア

カウンセリング予約は電話やWebからできるクリニックが多いです。カウンセリング予約が必須のクリニックもあるため、事前にホームページを確認しておきましょう。

来院したらカウンセリングと診察を受けます。デリケートゾーンの黒ずみ治療の中には高額なものもあるため、メリットとデメリットを把握したうえで契約することが大切です。

なおレーザーと塗り薬の治療では治療開始後の流れが異なります。治療の流れについてもっと詳しく知りたい方は「皮膚科でのデリケートゾーン黒ずみ治療の流れ」をご確認ください。

クリニックでのデリケートゾーンの黒ずみ治療の注意点

クリニックでデリケートゾーンの黒ずみ治療を受ける際は、下記点に注意してください。

  • デリケートゾーンの黒ずみは保険適用外
  • ダウンタイムや痛み、副作用のリスクあり
  • 黒ずみ治療が終わっても予防が必要
  • 黒ずみの状態によっては手術になる場合も

デリケートゾーンの黒ずみ治療は、高額でカラダにもリスクを伴います。料金やダウンタイム、副作用も確認したうえで治療を決めましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ治療後に再発する場合もあります。再発させないためにも、日頃からのデリケートゾーンの黒ずみ予防とケアが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみ治療の注意点について、もっと詳しく知りたい方は「デリケートゾーン黒ずみを皮膚科のレーザーや薬で治療した場合の4つのデメリット」をお読みください。

気になるクリニックが見つかったらまずはカウンセリングへ

気になるクリニックが見つかったらカウンセリング予約を入れましょう。そして医師や看護師、スタッフの方に、黒ずみ治療の不明点や不安点を質問してください。

カウンセリングを受け、複数のクリニックを比べてみるのも一つの方法です。無料カウンセリングを実施しているクリニックも多くありますよ。

当ページでは、今後もデリケートゾーンの黒ずみ治療を扱っているクリニックを紹介する予定です。今回紹介したクリニックの選び方ポイントも確認しつつ、ご自身に合ったクリニックを見つけてくださいね。

全国のデリケートゾーンの黒ずみ治療がある皮膚科や美容皮膚科113院について知りたい方は、「デリケートゾーン黒ずみの東京・大阪・名古屋・福岡などの皮膚科一覧」をお読みください。

クリニックでのデリケートゾーンの黒ずみ治療に関するQ&A

デリケートゾーンの黒ずみ治療は失敗することもある?
ツイッターや知恵袋で、デリケートゾーンの黒ずみ治療を受け失敗した方の口コミを探しましたが見つかりませんでした。しかし治療の進め方によっては「失敗した」と感じることもあるでしょう。

例えばレーザーの照射回数が少なかったり、ハイドロキノンを塗るのを怠ったりしている場合は、期待する効果を実感できません。またレーザーのアフターケアをしない、塗り薬の用法・用量をまもらないなどは、肌トラブルを起こす原因となります。

そのため医師の指示通り治療を進めていれば失敗を防ぐことができます。それでも不安な方は再診・再治療が無料など、アフターサポートが整ったクリニックを選びましょう

クリニックの治療とエステの施術は何が違うの?
クリニックとエステで大きく異なるポイントは下記の通りです。

  • 治療や施術内容
  • 効果
  • 料金
  • 雰囲気
  • カウンセリング

クリニックの治療では医師や看護師が医療機器や薬剤を使用するのに対し、エステの施術はエステで使用可能な機械やハンドトリートメントを使用しています。クリニックは「即効性」を、エステは「持続性」を重視しているのが特徴です。

即効性の高いクリニックは、その分エステより料金設定が高め。エステはクリニックより、店内が優雅で癒される雰囲気です。

またカウンセリング時の相談相手も異なります。クリニックでは医師が、エステではエステティシャンが対応してくれることが多いです。

クリニックには医師が在籍しているため、医学的な観点で治療内容を教えてもらえ、万が一のトラブル時も迅速な対応が望めます。

クリニックとエステの違いを確認し、ご自身に合った方を選ぶとよいでしょう。

皮膚科、美容皮膚科、婦人科(産婦人科)の違いは?どこで黒ずみ治療を受けたらいい?
デリケートゾーンの黒ずみ治療ができるクリニックの種類と治療内容は下記の通りです。

  • 皮膚科:病気の治癒を目的とした治療
  • 美容皮膚科:美しさに特化した治療
  • 婦人科(産婦人科):女性特有の病気や悩みに特化した治療

クリニックにもよりますが、皮膚科は街のかかりつけ医、美容皮膚科はラグジュアリー、婦人科(産婦人科)は女性専用というイメージです。

なおデリケートゾーンの黒ずみ治療があるクリニック113院を調べましたが、デリケートゾーンの黒ずみ治療は皮膚科に少なく、美容皮膚科や婦人科(産婦人科)に多かったです。そのためデリケートゾーンの黒ずみ治療を受けたい方は、美容皮膚科か婦人科(産婦人科)へ行くことが多いでしょう。

くつろぎ空間で診療を受けたい方は美容皮膚科、院内で男性患者と顔を合わせたくない方は婦人科(産婦人科)を選ぶのも一つの方法です。

イビサクリーム100日間チャレンジ【黒ずみ写真】公開中
タイトルとURLをコピーしました