熱中症予防声かけプロジェクトとは?株式会社シナジアが「熱中症予防セミナー」を実施2022年度

社内での取り組み

株式会社シナジアが「熱中症予防声かけプロジェクト」の概要や目的を解説。また株式会社シナジアが実施した社内スタッフ向けセミナー「【ひと涼みしよう】熱中症予防・対策ウェブセミナー2022」の取組内容や取組成果も紹介します。

熱中症予防声かけプロジェクトの概要と目的

熱中症予防声かけプロジェクトは、熱中症予防声かけプロジェクト実行委員会が推進するプロジェクト。賛同する企業や行政、民間団体の活動を通じて、熱中症弱者の老人や子どもを中心に熱中症予防の声かけを広げることが目的です。

同プロジェクトは目的達成のために、下記3つの構想に重きをおいています。

  • まちの避暑地づくり
  • 声かけ
  • 冷やし系ライフスタイルの提案

具体的には、店舗や企業がひと涼みできる場所を提供したり、周囲の方に休憩を促したり、涼しさを感じる衣食住を提案したりなどです。ポスターやパンフレット、ホームページでの広報活動も該当します。

同プロジェクトのキャッチフレーズ「ひと涼みしよう」にもあるように、ちょっとした声かが熱中症の重症化予防につながります。まずは家族や友人など、親しい関係の方に向けた声かけから始めてみるのもよいでしょう。

「【ひと涼みしよう】熱中症予防・対策ウェブセミナー2022」の取組内容

株式会社シナジアでは、2022年4月8日に社内スタッフ向けの「【ひと涼みしよう】熱中症予防・対策ウェブセミナー2022」を実施しました。

セミナーで取り上げた内容は下記の通りです。

1.熱中症の原因とは?
2.熱中症を予防する3つの方法
2-1.水分補給
2-2.空調利用
2-3.生活習慣の見直し
3.熱中症の症状と対処法

セミナーでとくに強調して解説したポイントを下記にまとめます。

  • 熱中症は屋外のみならず室内でも起こる
  • 汗をかくと水分とナトリウムなどの電解質も奪われる
  • 適度な塩分と糖質を含んだ水分補給が効果的
  • エアコンの効き目をよくするために、間切りや窓の遮熱を行う
  • 発汗機能向上や暑さに慣れるために、運動や入浴を習慣づける

なお新型コロナ感染症対策として、オンラインセミナーサービスの「Zoomウェビナー」にて実施しました。また参加したスタッフには「大塚製薬 ポカリスエット粉末」を送りました。

熱中症予防セミナーの成果や参加した株式会社シナジアスタッフの感想

同セミナー実施後、株式会社シナジアでは熱中症予防への意識が高まったと感じます。温度計やサーキュレーターを購入した者や、入浴習慣をつけるために入浴剤を揃えた者もいました。

最後にセミナー参加者の感想を下記にまとめます。

“1日に2.5Lの水が失われると知り驚きました。以前はコーヒーで水分補給をしているつもりでしたが、コーヒーには利尿作用があるとわかり、水かスポーツドリンクを飲もうと思いました。”

“効率的にエアコンを効かせるために、キッチンスペースとリビングの間にカーテンをつけることにしました。”

“まさか運動不足や食生活も熱中症に関係しているとは思いませんでした。生活習慣を見直したいです。”

タイトルとURLをコピーしました