「ポジティブ・オフ」運動に関する株式会社シナジアの取り組み

社内での取り組み

株式会社シナジア(以下、当社)は「ポジティブ・オフ」運動に賛同します。その理由は、当社が休暇について前向きにとらえると、スタッフ・企業・社会にメリットがあると考えるからです。

「ポジティブ・オフ」とは?

内閣府・厚生労働省・経済産業省が提唱する「ポジティブ・オフ」運動は、直訳の通り「休暇を前向きにとらえて、楽しもう」という意味です。同運動には次のメリットがあります。

  • 家族との時間が増え、絆を深められる
  • ワークライフの発見
  • ライフスタイルの見直し
  • 休息によるスタッフのモチベーションアップ
  • 外出や旅行による経済効果

スタッフが気軽に休暇取れるよう工夫したこと

当社では、スタッフ一同が気軽に休暇を取れるよう、次の工夫を行いました。

  • 社内専用SNSで休暇の過ごし方を投稿し合う
  • 休んだスタッフの分も補える人材の確保
  • 有給休暇取得率の確認と相談会の実施

社内専用のSNSで各々の休暇の過ごし方を投稿することで、コミュニケーションの向上にもつながったと感じています。休みやすい環境作りはもちろん、誰かが休んでも会社を回せるシステム作りにも力を入れました。有給取得率を確認し、休めていないスタッフには個別面談と改善策を提案。3年前は、有給休暇取得率75%だったのが、100%まで上げることができました。

タイトルとURLをコピーしました